妊娠中の妻に絶対言ってはいけないNGワード12個!

f:id:fukudon_don:20180412233555p:plain

この記事では、妊娠中の奥さんに絶対言ってはいけないNGワードを12個紹介します。

 

妊娠中の奥さんはホルモンバランスの影響などで気持ちが不安定になりがちです。

ついつい何気ない一言で妊娠中の奥さんを傷つけてしまうことってありますよね。

 

悪気はなく言ってしまった言葉が、夫婦喧嘩に発展してしまうことがあります。

私も妊娠中の妻に何気ない一言を言ってしまい、夫婦喧嘩になることがありました。

 

でも、12個のNGワードを言わないように意識するだけで、夫婦喧嘩になることは大幅に減りました。

 

NGワードに気をつけて、奥さんを傷つけることなく夫婦円満生活を送りましょう!!

妊娠中の奥さんはデリケートで傷つきやすい

妊娠中の奥さんは、「無事に子ども出産できるのか」「育児はしっかりできるだろうか」「夫はしっかりサポートしてくれるだろうか」、といった妊娠・出産に対する不安がこみ上げてきます。

 

お腹がどんどん大きくなって肉体的にも精神的にも変化し、とってもデリケートで傷つきやすい心理状態にあります。

 

そんな奥さんのことを理解し、1番近くで支えてあげることができるのが旦那さんです。

言ってはいけない要注意フレーズ12個

では、奥さんを傷つけることになってしまう要注意フレーズ12個を順番にご紹介します!

この言葉は間違っても言わないように注意しましょう!!

1.最近、太りすぎじゃない?

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのためにも栄養が必要であり、太るのは当然です。

そして、太ったことを1番気にしているのは奥さん本人です。

 

「産後、体型戻るの?」ではなく、「産後、一緒に運動しようね」と優しく言ってあげましょう。

2.毛濃くなったね、ち◯び黒くなったね

妊娠中は体毛が濃くなったり、色素が濃くなったりといった体の変化が生じます。

太った体型同様、1番気にしているのは奥さん本人です。

 

これもお腹の赤ちゃんを産む準備であることを理解してあげましょう。

3.つわり、大げさじゃない?

つわりで寝込んでいる奥さんに「大げさ」は禁句です。

 

自分だってご飯も食べれず、吐き気や胃のムカムカが24時間続いたら辛いですよね?

 

「〇〇君の奥さんはつわり中でも家事全部やってたぞ」など、周りの妊婦さんと比べるのも奥さんは傷つきます。

 

食べやすい食事の準備など率先して家事をやりましょう。

4.寝過ぎじゃない?俺も眠たいのにさ

妊娠中は眠くなる方が多いようです。

赤ちゃんが産まれてからは寝れない日々が続きます。

 

今のうちに寝れるときはゆっくりと寝させてあげましょう。

 

きっと、奥さんは休日にダラダラ寝ている旦那さんにも「寝過ぎだよ!」と思っていますよ。

5.俺の方が仕事で大変だよ

旦那さんは毎日遅くまで会社勤めで家庭を支えるために働いています。

確かに、疲れるでしょう。

 

しかし、奥さんもお腹に赤ちゃんを育てながら、動きにくい体で家事や仕事を頑張ってくれています。

 

「どっちの方が大変」ではなく、「お互いに大変だけど、頑張ろうね」と支え合える関係になりましょう。

6.いいなぁ〜仕事休めて

奥さんだって休みたくて仕事を休んでるわけではありません。

生まれてくる赤ちゃんのためには必要な休みです。

 

しかも、赤ちゃんが産まれてからは、

数時間おきに授乳し、泣いたらあやし、おむつを替えてお風呂に入れるなど、

24時間育児生活が待っています。

 

出産・育児の準備として休むのも体の赤ちゃんには必要なことです。

7.家に居るんだから家事くらいやってよ

妊娠中に奥さんが家事ができずに家事のレベルが下がることは良くあることです。

 

家にいる時間が長い奥さんに対して「家事くらいはやってよ」と思うかもしれません。

 

しかし、奥さんはお腹が大きく、普段通りに動くこともできません。

お腹の赤ちゃんの成長とともに、腰痛に悩まされる奥さんも沢山います。

 

今までの家事レベルから下がってしまったとしても「やってよ」とは言わずに、大目に見て率先してやってあげましょう。

8.飲めるときにガンガン飲んでくるね!

育児が始まったら外に飲みに行く機会が減る旦那さんは多いですよね。

赤ちゃんが産まれる前に飲みに行っておきたい気持ちも分かります。

 

しかし、奥さんは妊娠中からお酒を飲むことができません。

育児が始まってからも授乳のためにお酒は飲めませんし、外出する機会自体が減ってしまいます。

 

そんな中、しょっちゅう酒臭い旦那が帰ってきたらどう思うでしょうか。

飲みに行くことは禁止とは言いませんが、お互いにルールを決めるといいでしょう。

9.ご飯まだ〜?お腹すいたよ〜

こんなこと言われたら、奥さんは「そこらへんにあるレトルト食品でも食ってろ!」と言いたくなるに違いありません。

 

ご飯支度に限らず、家事全般を奥さんに任せきりになってはいけません。

 

特に妊娠中は臭いに敏感になります。

臭いが気になるゴミ出しや料理などは積極的に行いましょう。

 

10.何でもいいよ、好きにしていいよ

私が夫婦喧嘩になった理由は、「何でもいいよ、好きにしていいよ」と妻に言ってしまったことです。

 

出産前から必要な物の購入や、子どもの名前決めなど2人で話し合って決めることは沢山あります。

 

子どもに関することだけではなく、毎日の晩ご飯やどこにデートに行くかを決めるときにも言ってしまいがちです。

 

子どもに関する決めごとのときはもちろん、夫婦2人の生活に関しても話し合いを沢山もつようにしましょう。

11.両親学級とか行かなくていいよね?

夜遅くに帰ってくる旦那さんが沐浴をする機会は少ないかもしれません。

 

しかし、両親学級に「行かない」と言ってしまうと、奥さんは「育児に関心がないんだな」と思ってしまうものです。

 

両親学級は沐浴に限らず出産や育児について学ぶいい機会です。

 

実際にはできなくても沐浴や出産・育児について「知ろうとしてくれること」が奥さんは嬉しいと感じます。

12.男の子(女の子)がよかったなぁ

性別が判明するとついつい言いたくなってしまう言葉ですね。

しかし、お腹の中の赤ちゃんは、あなた達2人を選んでくれたのです。

 

自分が希望していた性別と違った場合でも、2人の子どものことを愛してあげてください。

 

「どっちでも元気に産まれてきてくれればOK!」と奥さんに伝えてあげることでホッとすることでしょう。

まとめ

夫が妊娠中の奥さんに言ってはいけないフレーズをまとめました。

  1. 最近、太りすぎじゃない?
  2. 毛濃くなったね、ち◯び黒くなったね
  3. つわり、大げさじゃない?
  4. 寝過ぎじゃない?俺も眠たいのにさ
  5. 俺の方が仕事で大変だよ
  6. いいなぁ〜仕事休めて
  7. 家に居るんだから家事くらいやってよ
  8. 飲めるときにガンガン飲んでくるね!
  9. ご飯まだ〜?お腹すいたよ〜
  10. 何でもいいよ、好きにしていいよ
  11. 両親学級とか行かなくていいよね?
  12. 男の子(女の子)がよかったなぁ

 

生まれてくる赤ちゃんのために、奥さんも頑張ってくれているということを分かってあげてください。

 

気持ち的にも不安定になりがちな奥さんを支えてあげてください。

そして、お腹の赤ちゃんが元気に生まれてくる日を迎えましょう!