育児も家事もやらない夫をイクメンにする3つの方法【男目線で解説】

f:id:fukudon_don:20181001071146j:plain

この記事では、男性目線で旦那さんに家事や育児をやらせるにはどうすればいいか解説します。

 

共働き夫婦だと、家事育児の分担をどうすればいいか悩みますよね。

 

最近は女性がフルタイムで働くことも増え、夫婦共働きで育児も家事も行うことが当たり前のようになってきています。

 

奥さんが仕事から疲れて帰ってきて、家事に育児に追われて一息つく間もない。

しかも、旦那さんはソファーで寝てるだけで何も手伝ってくれない。

これが現実ですよね。

 

家事や育児は夫婦で協力してやるものです。

どうにかして旦那さんに家事や育児をやってほしいと思いませんか?

 

でも、この記事を読んでいる方は、「そんなこと言っても、旦那さんが家事も育児もやってくれない!」と悩んでいるのでしょう。

 

どうやったら旦那さんが家事を手伝ってくれるか、男目線で解説します。

 

私は元々全然家事をやりませんでしたが、妻に教育されて今では何でもこなします。

 

この記事を読めば、「こんな風にすれば旦那は家事を手伝ってくれるのか!」と参考になると思います。

なぜ旦那さんは家事や育児をやってくれないか?

f:id:fukudon_don:20181001071214j:plain

家事や育児のやり方が分からない

なぜ、夫が家事をしないかと言うと、家事や育児のやり方が分からないからです。

 

やり方が分からないのにやって、失敗するのが嫌なんです。

 

しかも、やるだけやってみて、失敗したら「そうじゃない!ちゃんとやって!」と、奥さんに怒られてしまう...

 

それだったらいっそのこと、奥さんに任せてしまい、自分はやらないって気持ちになってしまっています。

奥さんのほうが家事も育児も上手に早くできる

奥さんのほうが家事も育児も慣れているので、手早く上手にできます。

 

「どうせ自分がやっても、下手だし時間かかるし、それなら奥さんに任せちゃったほうがいいか」なんて思ってしまいがち。

 

奥さんも最初から上手だったわけではないし、試行錯誤して早くなったなんて、考えもしません。

 

男は論理的に物事を考える生き物です。

なので、上手に早くできる奥さんがやったほうが効率的だと思ってしまいます。

旦那さんに家事や育児をさせるには?

f:id:fukudon_don:20181001071226j:plain

家事も育児も下手でもとにかく褒める!

男はプライドが高い生き物です。

下手で、時間がかかってもとにかく褒めてあげてください。

 

オーバーなくらい褒めてもらったほうが嬉しいと思います。

私も妻に「前より上手くなったね!」とか、「早くなったじゃーん!」と、褒めてもらいました。

妻からしてみたら、うまく手のひらで転がしてる感じでしょう。(笑)

 

最初は褒められるのも恥ずかしいもんですが、段々嬉しくなってきます。

 

いくら下手くそで時間がかかってもグッとこらえて見守ってあげてください。

 

褒められて嫌な気持ちになる男性はいません。

 

続けていれば少しずつ旦那さんも上手に、手早くできるようになっていくはずです。 

家事や育児をやってくれた感謝の気持ちを伝える

旦那さんに協力してもらっても、自分でやったほうが早いし上手くできる!と思うに違いありません。

 

でも、その気持ちを抑えて、やってくれたことに感謝の気持ちを伝えてあげてください。

 

感謝の気持ちを伝えられたら「自分でも奥さんのために役に立てた!」と感じられます。

 

下手でも奥さんの役に立てれば、やる気も出てきます。

旦那さんにも家事育児の役割を持たせることが肝心です。

家事や育児の何をやって欲しいと具体的に伝える

旦那さんが空気を読んで、やって欲しい家事や育児に気付いて、率先して動いてくれたら最高ですよね。

 

でも、男って鈍感で空気が読めないことが多いです。

 

「気付いてやってくれたら嬉しいのにな〜」ってことは諦めてください。

 

旦那さんが空気を読んで家事育児をやってくれることよりも、ハッキリと具体的に「今はあれをやって欲しい」と伝えてあげてください。

 

そうすれば、旦那さんは重い腰をあげて動いてくれるはずです。

 

旦那さんにやってほしいことを伝え続ければ、奥さんが何をやってほしいか少しずつ分かってきます。

 

私の場合は、妻に何をして欲しいかハッキリ言ってと伝えました。

1年くらい言われ続けて、やっと妻に言われる回数が減ってきたように思います。

 

夫婦だから相手の気持ちが伝わると思っても、現実は上手くいきませんね。

 

男は相手の気持ちが読めないと割りきってしまい、ハッキリと具体的に何をやってほしいと伝えるようにしましょう。

まとめ:育児も家事もやらない夫をイクメンにする3つの方法【男目線で解説】

旦那さんがなぜ家事や育児をやってくれないのか、そして、やってくれるようになるにはどうすればいいかを男性目線で解説しました。

 

旦那さんに家事や育児をやってもらうには次の3つをやってください!

  1. 家事も育児も下手でもとにかく褒める
  2. 家事や育児をやってくれた感謝の気持ちを伝える
  3. 家事や育児の何をやって欲しいか具体的に伝える

これらを意識するだけで旦那さんの重たい腰も少しずつ動くようになるはずです。

 

最初は下手だし、時間もかかると思います。

イライラするし、自分でやったほうが早い!と思うはずです。

 

でも、その気持ちをグッと抑えて、旦那さんを育てる気持ちで見守ってあげてください。

 

そして、旦那さん教育を続けていれば、共働き夫婦の貴重な戦力になるはずです。

 

早速、今日から実践してみてくださいね!!