30代から健康への投資は必須。30代からできるおすすめ健康投資法

f:id:fukudon_don:20180524013611p:plain

この記事では30代から健康へ投資する重要性を説明しています。

 

自己投資という言葉で思いつくのが、資格取得のための投資であったり、英語スキルを獲得するための語学教室への投資などがありますよね。

 

資格や語学よりも必須な投資先があります。それは健康です。

 

健康って若いうちは特に意識しないですよね。

毎日健康に過ごせることが大半な訳ですから。

 

でも、いざ年齢を重ねて、病院にかかる機会が多くなってきてから健康を意識し出しても遅いのです。

 

若いうちだからこそ健康への投資をスタートする絶好の機会といえます。

 

30代から健康へ投資することで、中年になったとしても仕事もプライベートも楽しむことができます。

この記事を読んでおすすめの健康投資法を身につけてください!

30代から健康への投資は必須。その理由は?

f:id:fukudon_don:20180524013636p:plain

30代から健康への投資が必須な理由は3つあります。

  1. 健康へ投資して医療費をかけないようにする
  2. 生活習慣病を未然に防ぐ
  3. 何をやるにも健康じゃなきゃできない

言われてみると当たり前ですよね。

では、この3つに関して具体的にかかっているお金なども含めて解説していきます。

日本人の平均医療費は年間10万円

日本人の1年間にかけている医療費の平均額をご存知ですか?

厚生労働省の平成27年度の調査によると、年間32.7万円(75歳以上だと94.8万円!)です!

厚生労働省保険局調査課 平成27年度医療費の動向より引用

 

この数字、びっくりしませんか?

 

実際には、年齢や性別などによっても差はあるはずなので、30代が平均30万円かかっているかは分かりません。

ただ、全年代で平均するとざっくり30万円もかかっているのです。

 

30代は医療費の負担額が原則3割なので、年間10万円程度は支出している計算になります。

この10万円の出費を抑えるためにも健康に投資していくことは必須なのです。

生活習慣病にかかるリスクが増大する

生活習慣病ってご存知ですか?

生活習慣病とは、その名の通り、生活習慣が原因で発症する疾患のことです。偏った食事、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスなど、好ましくない習慣や環境が積み重なると発症のリスクが高くなります。

生活習慣病とは? | 生活習慣病 | 生活習慣病オンラインより引用

糖尿病や高血圧、脂質異常症などが当てはまります。

 

生活習慣病はそれ自体も厄介なのですが、進行すると脳卒中や心筋梗塞、肝硬変などを引き起こします。

実際にこのような重篤な病気になった場合、働くことが困難になる可能性があります。

 

 

脳卒中などは高齢者がなるイメージなどがあるかもしれませんが、30代でも起きることもあります。油断はできません。

 

未然に生活習慣病を防いでいくためにも健康への投資を行っていく必要があります。

健康じゃなきゃ何もできない

仕事にしろ、プライベートにしろ健康でなくては何もできませんよね。

健康だからこそ思い切り仕事にも遊びにも取り組むことができます。

 

30代になってから、気持ちは20代でも体がついていかないことありませんか?

 

今後、40代、50代になっていくと更に体はついていかなくなることが予想できます。

今の内から健康を維持する必要があります。

30代からできるおすすめ健康投資方法

f:id:fukudon_don:20180524013654p:plain

健康を維持する上で重要なのは、以下の3つです。

  1. 日々の適度な運動
  2. バランスのとれた食生活
  3. 良質な睡眠

よく耳にするこの3つはやはり重要です。以下では私の体験談も含め、おすすめの健康投資法を紹介します。

マラソンは達成感も含めおすすめ

社会人が健康増進目的に運動をする場合、ハードルがいくつかあります。

  • 決まった曜日に決まった時間を確保できない
  • 複数人集まってやるスポーツは人集めが大変
  • 運動する場所が確保できない
  • お金を沢山かけられない

これらのハードルを全部解決してくれるのがマラソンです。

 

マラソンは1人でできますし、空いた時間に好きな時間だけ走ることができます。

靴さえ用意してしまえばお金もかかりませんし、社会人が健康増進目的にやるスポーツとしては最適だと思います。

 

マラソンのメリットとして、走った距離をアプリで記録することもできますし、タイムも計測できます。体重も毎日計れば徐々に減っていく様子も観察できます。

マラソン大会に参加して完走した後には達成感まで得られます。

 

こんなに沢山メリットがあって、尚かつ健康への投資もできるマラソンは最高ですね。

私の場合は、走り始めは健康増進目的でマラソンをスタートしましたが、フルマラソン完走も達成することができました。あのゴールした後の嬉しさは忘れられませんね!(最近、さぼりがちですが・・・。)

 

もし、マラソンだとハードルが高いと思ったら、ウォーキングから始めてみてください。ウォーキングだったらマラソンほど疲れませんし、気軽に始めることができます。

野菜を中心とした食生活で健康増進

野菜ちゃんと食べてますか?

どうしても炭水化物や脂質に偏りがちになってしまいますよね。食生活の乱れから健康は乱れます。

 

自分で野菜を摂取する食生活にするのは大変ですよね。

野菜中心の食生活に変更するために、デリバリーのお弁当を利用する方法もあります。

 

例えば、塩分制限にこだわった食事を提供してくれる「素彩屋」などがあります。

このお店は医療機関とも連携しており、塩分制限にこだわってメニューを作成しています。

都内限定ではありますが、手作りのお弁当をケータリングしてくれるサービスを行っています。

 

今後、都内に限らずこういったサービスが普及していけば食生活改善につながります。普段、不足しがちな野菜を沢山食べて健康へ投資しましょう。

自分に合った寝具で良質な睡眠を確保しよう

運動、食事は良く聞きますが、この2つに比べて睡眠へのこだわりって少なくありませんか?

自分に合った枕や、マットレスを揃えることで睡眠の質は高まります。

 

例えば、オーダーメイドで自分に合った枕を作ってくれる「マイまくら」 などがあります。

この店は全国に店舗があり、専用の測定器で自分の身体に合った枕をオーダーで作ってくれます。

 

朝の目覚めも良くなり、仕事やプライベートもスッキリして取り組めるようになれば、疲れも溜まりにくくなり、ストレスへの耐性も強くなります。

 

健康への投資として睡眠に投資することも欠かせません。

【健康への投資は必須。30代からできるおすすめ投資法】まとめ

30代だからといって健康な身体は当然ではありません。

 

特に、これから中年世代になっていく時期ですから、今の内から健康への投資は積極的に行っていきましょう。

30代の内から健康に投資が必要な理由としては、3つありました。

  • 医療費をかけず支出を抑える
  • 生活習慣病を未然に防ぐ
  • 健康でなければ何もできないと認識する

健康への投資としておすすめなのは良く耳にしますが、

  • 適度な運動
  • バランスの取れた食事
  • 良質な睡眠

この3つです。どれかが欠けても健康は維持できないと思います。

 

未来の自分のためにも今から積極的に健康へ投資していきましょう!