妊婦はモッツァレラチーズを食べても大丈夫?◯◯すれば食べれます!

モッツァレラチーズ トマト カプレーゼ

妊婦はモッツァレラチーズは食べて大丈夫なの?もし、食べていいなら食べるときの注意点は何?
という疑問にお答えします。
 
モッツァレラチーズは、ピザやパスタ、トマトと一緒に盛り付けたカプレーゼなど、イタリアンには欠かせない食材です。
 
イタリアンレストランではよくお目にかかる食材の1つですよね。
 
でも、妊娠中にチーズは食べちゃダメって聞いたことありませんか?
結論としては、「加熱」すれば妊婦でも食べられます。
 
この記事では、加熱すれば安全な理由や、食べるときの注意点をまとめました。
 

正しい知識を身に付ければ、美味しいモッツァレラを食べても大丈夫!

妊娠中のモッツァレラチーズは「加熱」すれば食べてOK

ピザ チーズが伸びるピザ

妊婦はモッツァレラチーズでも加熱すれば食べて大丈夫です。

ピザやグラタンなど、加熱処理がされていれば、妊娠中に食べても問題ありません。

 

そもそも、なぜ妊婦はモッツァレラチーズを食べてはダメと言われるかというと、「リステリア菌」という細菌に感染してしまう可能性があるからです。

 

妊娠中でなければ、リステリア菌に感染することはほとんどありません。

しかし、妊婦の場合は免疫力が低下しており、リステリア菌に感染する危険性があります。

 

そして、妊婦が感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、流産のリスクや生まれてきた赤ちゃんに影響が出る可能性があります。

 

参考:リステリアによる食中毒

 

リステリア菌は、熱に弱いので加熱して食べれば問題ありません。

 

注意したいのは、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼや、サラダに生でモッツァレラチーズが入っていたときです。

 

ちなみに、リステリア菌は一般的な食中毒の細菌とは異なり、低温や塩漬けでも細菌は増殖します。

 

そのため、冷蔵庫で保存していたからといって、リステリア菌が死滅することはありません。

 

食べるときには、加熱処理を加えてから食べるようにしましょう。

妊婦は国産のモッツァレラチーズを食べれば安全

乳牛 牛 ホルスタイン 牧場

日本で製造される国産のチーズは、加工の行程で生乳の加熱殺菌処理を行っています。
 
そのため、国産のチーズからリステリア菌はほとんど見られません。
 
生のモッツァレラチーズをどうしても食べたい!という方は、国産メーカーのモッツァレラチーズを選ぶようにしましょう。
 
そうすることでリステリア菌に感染する可能性を下げることができます。

妊娠中は外国産モッツァレラを食べるのは注意が必要

サラダ モッツァレラチーズ キュウリ

外国産のチーズは加工の段階で非加熱で作るものもあり、リステリア菌がひそむ可能性があります。
 
そのため、外国産のモッツァレラチーズなどを生のまま食べるのは注意が必要です。
 
でも、外国産のモッツァレラチーズでも加熱して食べれば問題ありません。
 
産地まで毎回確認するのはめんどくさい!という方は、加熱してあるピザなどは食べてOK、カプレーゼは食べちゃダメと覚えた方がいいかもしれませんね!

まとめ:妊婦はモッツァレラチーズを食べても大丈夫?加熱すれば食べれます!

妊娠中にモッツァレラチーズを食べても大丈夫です。

おさえて欲しいポイントはこちら!

  1. 加熱処理をしたモッツァレラチーズを食べましょう
  2. 国内産のモッツァレラチーズは加熱殺菌処理してあるので安全
  3. 外国産のモッツァレラチーズはリステリア菌感染の恐れが高い。ただし、加熱処理して食べる分には外国産も安全

モッツァレラチーズは外国産の輸入チーズを生で食べないようにすることが1番重要です。

 

ピザやパスタなど、美味しいモッツァレラチーズを存分に楽しんでください。

 

妊婦は避けた方がいい食品が他にもいくつかあります。

避けた方がいい食品を把握すれば、妊娠中の悩みの種が1つ減りますよね。

是非知っておいてください!